昔まーほ

複雑な手続きも終わってきたよー!


まーほ

本当に頑張ったね、お疲れさま!
あとは身の回りの整理という感じなので、『いついつまでに全部終わらせよう!』と自分で期間を決めて手続き進めてください。」

名義変更

氏の選択で旧姓を選んだ方は、様々な部分で名義変更をしなければなりません。人それぞれあると思うのですが、一般的に必要なものを以下に書き出してみますので参考にしてください。

  • 運転免許証の名義変更:
    いろいろな手続きを進めて行く上で提示を求められる運転免許証。一番はじめに変更しておきましょう。本籍や住所も変わった場合には一緒にしておきましょう。本籍記載の住民票や印鑑が必要になると思います。最寄りの警察署で変更可能です。
  • 健康保険証の名義変更:
    こちらは諸手続き その1でも紹介しています。
  • 金融機関
  • カード会社
  • 保険各種
  • 携帯電話などの通信媒体
  • 自家用車の所有者(夫名義だった場合)
  • 家の所有者(夫名義だった場合)
  • 公共料金:
    水道料金については次の項目で取り上げていますので参考になさってください。

う~ん、たくさんありますね!変更して行ったら良いと思われる順番に並べてあります。料金の支払いは大抵の場合引き落としを選択しているので、金融機関も先行して変更した方が2度手間にならず良いと思います。

水道料金の基本料金免除申請

ひとり親になると水道料金の基本料金を免除してくれる場合があります。これは管轄の水道局に問い合わせてみましょう。すべての水道局に当てはまるわけではないようです。(まーほの管轄の水道局では対応ありませんでした。。。残念。)

まとめ

名義変更の為にもたくさん行動しなければなりません。

まずは運転免許証や健康保険証など本人証明に有効なものの名義変更をまず終わらせてしまいましょう。

続いていろいろな支払いに影響する金融機関の名義変更を終わらせておくとスムーズかと思います。

地域によって対応してもらえるかわかりませんが、水道料金の基本料免除も受けられるかどうか確認してみましょう。

お疲れさまでした!ここまで来れば新しいスタートをはじめるのに障害はだいぶなくなったかと思います。素敵な毎日を送って行けるようわくわくした日々をお過ごしください♪次は<おまけ>でまーほの離婚後の心境を書いていますので興味のある方は読んでみてください。