昔まーほ

離婚には協議と調停と裁判の3つがあるんだよね?
ここでは協議しか扱わないの?


まーほ

うん、まーほ自身の離婚が協議離婚だったからさ。
でも話し合うべき内容は大体網羅してると思うよ。
調停や裁判はどれかの項目でお互いに納得できないと行なわれるんだよね。


昔まーほ

そうか、話し合う内容が変わるわけじゃないんだね。


まーほ

一応、協議で終わらせた方が得することもあったりするから、そういう情報もご紹介しようと思います!

はじめにお読みください!

この章に書かれていることはあくまでまーほの経験をもとに紹介しています。諸処申し上げていますが、より正確さを求める場合には専門家である弁護士の先生等に相談することをお勧めします

協議の内容がどんなものであるか、の予備知識をつけるくらいの気持ちでご覧ください。

話し合う内容はお金にまつわることがほとんどです。

協議する内容はぶっちゃけるとお金の話がほとんどです。

それぞれに相場が存在します。相手と自分の収入差や子どもの有無など自分のケースに当てはめてきちんと請求しましょう。

決まった内容は最後に公正証書にまとめて完了です。口約束で終わってはいけませんよ!

しんどくなっても、諦めないで!

話し合いが長引いてくると、考えるのも嫌になり「お金なんて良いからとにかく早く終わらせたい!」という感情が寄せては返す波のように襲ってきます。その当時は本当にしんどくて、すべてを投げ出したくなりますが、ここはぐっと堪えて、耐えて、もらえるものはしっかりもらっておきましょう。離婚が成立した後、もう少し頑張れば良かったと思うことが多いです。

相場を無視した金額の請求は見直しをした方が良いですが、あなたはしっかりと各費用を受け取ってもいいのです。

離婚した後、特に子どもを引き取る場合にはとにかくお金がかかります。様々な手当があるとは言えど、シングルマザー一人の稼ぎでは厳しい時もあるでしょう。支えてくれる味方の存在や時には専門家の力を借りて協議(調停/裁判)を乗り越えましょう!

 

 

読んでみて詳しく知りたい所などを控えながら読んでいただくと良いかと思います。メモの準備は良いですか?紙とペンを用意したら、婚姻費用へお進みください。