昔まーほ

離婚と言えば慰謝料ってイメージ!


まーほ

精神的苦痛を受けるような事柄があって初めて離婚を考えるからかな?


昔まーほ

不倫とかね・・・。


まーほ

慰謝料額を決めるためには精神的ダメージの度合いの他にも考慮される項目があります。
まーほの場合も紹介していますので、一つの事例として参考にしてください。

慰謝料とは

離婚の際に発生する慰謝料で一番メジャーなのはやはり不倫でしょうか。その他、DV、モラルハラスメントに対するものが考えられます。主に精神的苦痛に対して請求します。ただし、双方に責任がある場合は慰謝料の請求が認められないこともあります。やられたからやり返す!では慰謝料を請求できないということになりかねませんのでご注意ください。

離婚の際に支払われるお金や財産についてのすべてをまとめて慰謝料と呼ぶこともあるようですが、ここでは先にも述べたような精神的ダメージに対して支払われるものを慰謝料として取り上げようと思います。

慰謝料の相場

慰謝料金額は以下の3つを考慮して決定されます。

  • 精神的苦痛の度合い
  • 加害者の経済状況
  • 婚姻年数

婚姻年数については長い方が慰謝料額も多くなります。これは、婚姻期間が長いほど(人生の)やり直しがきかないことが考慮されてのことのようです。

芸能人の離婚例などを見ていると膨大な慰謝料額が提示されているのをよく耳にしますが、一般のサラリーマンが加害者の場合であるとその金額は想像よりも少ないです。

不倫などの不貞行為に対しての慰謝料は100~300万。浮気の回数や期間、精神的苦痛の度合いで変わってきます。

DVなどの暴力に対しての慰謝料は50~500万。暴力の内容や被害状況に応じて決定されます。

モラルハラスメントの場合はもらえて100万円。というのも、モラルハラスメントは立証が難しい上に、加害者が自分の非を認めない場合も多いので、慰謝料請求の中でも叶えられることが難しいようです。

以上のような離婚理由がないにも関わらず、一方的に離婚したいといわれた場合の慰謝料は50~100万が相場であると言われています。

しかし、実際に半数の人が慰謝料をもらえていないケースが多いようです。先に書いたように、慰謝料が財産分与に含まれてしまうこともあり相場通りにもらえることは少ないようです。

まーほの場合

まーほは元夫に不倫、性風俗での不貞行為、暴力、モラハラ・・・上記に挙げたもの全部されました。(苦笑)ので、それぞれの相場をもとに500万円を慰謝料額として提示しました。

しかし、一に証拠、ニに知識でも少し触れたのですが、まーほの用意できた証拠は少し弱いものだったのもあり、確実に事実であるにも関わらず、なかなか相手方に非を認めさせることができず悔しい思いをしました。証拠の有無は慰謝料金額に大きく影響を及ぼすので、慰謝料を請求する場合には、証拠集めにも力を注ぎましょう!

実際に受け取った慰謝料額は200万円です。まーほの場合、婚姻期間もさほど長くなく、受けた暴力、モラルハラスメントも医師の診断を仰ぐほどのレベルではなかったため、ほぼ不貞行為に対する慰謝料となり、元夫の経済状況も考慮した上でこの金額となりました。

最初提示した額から見れば低くはなりましたが、弁護士に依頼していなければ、この金額を受け取るのもかなわなかっただろうと思われるので、まーほとしては満足しています。離婚問題は一人で悩まず専門家に相談しましょう!

まとめ

精神的ダメージを金額にして表わすことは難しいです。

それぞれの相場をもとに請求額を決定しますが、慰謝料については証拠の有無で金額に大きな差が出ます。

証拠集めはしっかりと!

高額な慰謝料を求める場合には弁護士の助言がある方が相手からも払ってもらいやすくなります。

 

 

離婚慰謝料について雰囲気がつかめた人は財産分与へお進みください。