昔まーほ

私はなんやかんやココ一番の相談相手は母親かな~。


まーほ

うんうん、やっぱり親の理解があるのは離婚を進めていく上で心強いと思うよ。


昔まーほ

いろいろ頼れそうだしね!


まーほ

今回は味方の存在の大切さについて解説します。

アナタは普段誰に悩み相談をしていますか。

最初に申し上げましたが、まーほの場合は母親です。夫の不倫がわかった時も自分の中で始めは止めていましたが、結局抱えきれず最初に打ち明けたのが母でした。

後悔しない選択のコツでご紹介したように自分が100%だ!と離婚に動き始めても、信頼できる味方が引き止める言葉を発すると1度決意した思いも揺らいでしまう恐れがあります。

できれば、絶対的に信頼できる味方が自分の決意に理解し、離婚を進める上で、及び離婚後、協力が必要な際にはサポートしてくれる状態であると心強いです。

なんやかんや親が1番頼りやすい。

離婚決意後の生活でも触れていますが、離婚に伴う別居期間、及び離婚後には住む場所の確保が不可欠です。今の生活と大きく変化させることなく、近場で賃貸等が探せればそれに越したことはありませんが、実際のところまずは実家に身を寄せるのがお金的にも精神的にもオススメです。

また、まーほのように小さい子どもがいる場合にはいろいろな手続き等で動かなければならない時に、親に預けることができるなどのメリットもあります。

どんなに仲の良い友達でも、金銭面が絡んでくる部分については頼りにくいものです。(無二の親友がいる方は違うのかな?まーほの場合心の支えはありましたが、やはり物質的支援まではお願いできませんでした。)

アナタの幸せを1番願っているのは他ならぬご両親だと思います。離婚は大きな決断です。どうぞ、ご両親にきちんと相談して、理解を得た上で離婚を進めてください。

その他、相談できる人は多い方が心強いです。

まーほの場合は実家が隣の市で近いこともあり、尚さら親が味方であることが支えになりましたが、実家が県外など遠くて頼りにくい方もいらっしゃるでしょう。そのような方は近所に相談できる友達の存在があると心強いと思います。

離婚の話題を相談できるほどの友人もいない、という方はインターネットを活用して相談、質問をするのも良いと思います。ただし、その場合には離婚が悪だと言わんばかりに攻撃的な発言をされる方もいらっしゃるので・・・相談する人は選びましょう(笑)。

協議離婚からでも弁護士・探偵に依頼しても良いのです!

一に証拠、ニに知識でも紹介しますが、弁護士や探偵はその道のプロですので、強力な心強い味方です。弁護士に味方になってもらった場合を例に挙げると、別居中、子どもの保険証や手当の受取人変更などを役所等で手続きする際にも手続きのスムーズさが違います。お住まいの地域で行なわれている無料弁護士相談を利用したり、大体1時間5000円?で相談に乗ってもらえたりもしますので、不安があるときには相談してみましょう。

自分の心が強く、前向きになれる相談相手を見つけて、辛いときに支えになってもらいましょう。

まとめ

離婚を選ぶということは大きな変化を伴います。簡単に決断できるものではないし、決断するものではありません。

ご両親にはきちんと相談、ご報告し、理解を得ましょう。

ご両親の他に信頼できる友人の存在もアナタの心を強くします。

場合によってはプロの弁護士や探偵にも味方になっていただきましょう!

アナタは一人ではありません!

 

 

「味方になってくれる人がいます!」「勇気を出して相談してみようかな」と味方の大切さがわかった人は離婚決意後の生活へお進みください。