昔まーほ

また夫が不倫をするんじゃないか心配。


まーほ

まだ不倫はしてないみたいなんでしょう。


昔まーほ

でも、昔してたわけでしょ?もう本当信じらんない。


まーほ

確かに過去は変えられないけど、再構築するって決めて頑張ってるんだよね?


昔まーほ

う~。


まーほ

不安でガチガチになってるアナタに” 執着しない ”という言葉を贈るわ。

執着ほど恐ろしいものはない。

昔のまーほのように「また不倫されるんじゃないか」「夫が離れていくのではないか」というような不安は誰しも抱いてしまいがちです。私はこれを心配執着と呼んでいます。

物欲などの一般的な執着や復讐してやりたいといったたちの悪い執着の他にこの心配執着があり、夫婦の問題以外にもいろいろと心当たりがあるのではないでしょうか。

この心配執着は誰しもが陥りやすく、執着だと認識もしにくいため、一番厄介なものであると思っています。

よく「執着をやめ、諦めて忘れた頃に手に入った」ということも聞きますが、これにはしっかりとした理由があります。キーワードは「引き寄せ」です。アナタが執着をやめない限り、どんどんアナタに嫌なことが引き寄せられます。

今起こっている出来事は全てアナタ自身が引き寄せています

自分が幸せを手にしているときに「幸せになりたい!」とは思わないものです。幸せに対して執着がありません。潜在意識の中でも幸せ状態なので、どんどん幸せが引き寄せられてきます。

自分が不幸であると感じている時は「幸せになりたい!」と強く思います。幸せに対して執着心満載です。潜在意識の中では自分が不幸であることを認めているので、幸せがなかなか引き寄せられてこず、望んでもいない不幸ばかりが逆に引き寄せられてきます。

このように執着と呼ばれるものはアナタを幸せにしません。執着をやめると物事は好転していきます。幸せであることに感謝し、夫婦再構築はできて当たり前なんだと思って、一旦手放してしまいましょう。

すべてはうまくいっている。

執着をやめるとまず、恐怖心や劣等感から解放され心に安らぎが生まれます。執着をしている間はどうしても感情がネガティブになり、不幸ばかり気にして手放せなくなるのです。

繰り返しになりますが、「すべてはうまくいっている」を合言葉に執着をやめて、手放してしまいましょう。幸せをゴールにしないにある通り、今ある幸せに目を向けているだけでいいのです。執着から解放されたアナタは心が晴れ、顔が生き生きとし、幸せをどんどん引き寄せます。

まとめ

心配執着をやめましょう。執着し続ける限り、幸せは引き寄せられてきません。すべてはうまくいっているを合言葉に、執着とはバイバイです。

執着をやめるとまわりに左右されない自分の生き方が見えてきます。
アナタらしく振る舞うことができ、心穏やかに過ごせ、物事も好転していきます。

 

 

執着をやめて、幸せを引き寄せる女になりました!と宣言したら、自分を大切にするへお進みください。